福岡のパチンコスロットで勝つ!

福岡のパチンコスロットで勝つ。

「福岡のパチンコは終わってる」「稼ぐことは不可能」と言った知人に物申す!

4倍遊べるというのぼりは扇動的文言じゃないのか?

読了までの目安時間:約 4分

 

東京観光ついでに稼働するつもりでパチンコ店を軒並み訪れ、しばし、目についたのが「4倍遊べる」というパチンコ屋の、のぼり。

 

「あっちゃ~、こちらでもゲーセンよろしく張りのないパチンコ屋が流行ってんのね」とがっかりしたものの、それはそうと「4倍遊べる」ってなかなか皮肉めいた文言ではありませんか?

 

1パチ&5スロ経営をほのめかすこれらの文言はすでにパチンカースロッターにとってはおなじみでしょうが、ふーん、ってなぐあいに平然と見過ごしているのならば、ぼくは「え、なんでそんなに寛容でいられるの?」とツッコみたくなる。

 

なにしろ「4倍遊べる」とは、打ち手が負けることを前提に作られた、いわば負けの美学だから。

 

「4パチで全額スるくらいなら、4倍長く遊んじゃおうぜ~」という、敗北を長引かせるための一時しのぎの延命的な快楽主義だ。

 

もしこれが仮に、打ち手が勝利し、銭じゃらじゃら、よっしゃ~うまい飯食いにいきますか、的な立場を想定しているのだとすれば勝ち続けることはイコール遊び続けられることなので、4倍とか、10倍とか、数字に置き換えるだけ野暮ということになる。

 

すなわち、負けを想定していないと「4倍遊べる」という文言はきっと思いつかないのだ。打ち手、ナメられてない?(笑)

 

なので、1パチ&5スロ店はできることならば、どこの店も代り映えしないけれども、率直に「1パチ&5スロ店」と明記すればいいんじゃないでしょうか?

 

しゃれこもうとか、てらいを狙ったりすると、誤解を生むので。いいえ、ちょっとまてよ。パチンコ社会は「不要に煽っちゃダメ」という規制があるので「4倍遊べる」という、厳しい現実を暗に示すのは、案外、知的な道徳的配慮と言えるかもしれない(笑)

 

 

東京に行ってやけっぱち根性にせっつかれる!

 

都会幻想さながら、パチンコ屋も都会のほうが、という淡い幻想をぼくは抱いていました。

 

東京には勝てる環境が整備されているはずだ、と。わりと無根拠にあこがれていたりしたのですが、実際は、うーんで。

 

(※軍団が幅を利かせて、なおかつパチンコ熱の苛烈な出稼ぎパチンカーのメッカである「神奈川」には今回、出向いておりません)

 

むしろ、これは相当きついゾ、ということになり、都会のパチンコライターないしパチスロライターたちが、けっこうやけっぱちな台選びをしている由がわかりました。

 

やけっぱちにならないとさわることができないのです。1フロアが狭い。1店舗が小粒。自転車や自動車での移動はむつかしいと、あくまで天井狙いするうえで、なかなか不利な土地柄だと痛切に思った次第です。

 

マ、なんていうのでしょうか、これだけ1店舗に足を運ぶのに手間だと、店内に入って打たずに帰するのが億劫なんです。だからこそ、もうどうにでもなれ、と手当たり次第に打つしかないのではないかと憶測します。

 

なかなか不遇な地ですよ、東京の都心は。

東京のパチンコ屋は勝てない?観光ついでにスロット天井狙い

読了までの目安時間:約 10分

 

 

「でけえ!」

 

JR秋葉原駅に降り立ったぼくは、その街の、いかにも観光地然とした景観に圧倒された。

 

ビルとビルがひしめきあい、人と人が絶えず行き交い、アニメっ気を帯びた広告等のおびただしさに、ぼうっとする。

 

すでにこの何日間かに秋葉原へは一度きたはずなのに。やはり街の活気それ自体が異質なのだろう。

 

上野、渋谷、原宿、池袋・・東京の観光地らしいところは、それぞれに「街のにおい」がある。

 

あたかも料理の数だけ味の数があるがごとく。もっとも、秋葉原は異質で異端なのだけれども。

 

非現実的快楽を全面的に「是」とする空間で、奇人変人がのさばって許容されるおおらかさがある。

 

「さてはパチンコ屋もなかなかに個性的なのでは?」

 

パチンコ屋に踏み込む口実を思いついたぼくはしめしめとばかりにパチンコ屋のドアをくぐった。店内に充満する騒然とした雰囲気は福岡であれ東京であれ田舎であれ都会であれ、とどのつまり、どこもかしこも似たようなものだと思った。

 

しかしながら、飛び込んできた光景は、いままで見たことのない、まるで珍妙なありさま。

 

「なんじゃこりゃ!?」

東京のパチンコ屋は勝てない?観光ついでにスロット天井狙いの続きを読む »»

イベント狙いのキモは「パチプロの有無」にアリ!データ採取は必須

読了までの目安時間:約 5分

 

前回の記事で「イベント狙いやってます。案外くえるっす」と、悠然と語りました。

 

のべ5年ほど万年釘狙いで生活していたぼくにとって、イベント狙いという立ち回りの選択肢は言葉のみ知っていて、実態は知らないもの。

 

しかしながら、ホール開拓ついでの面白半分で手を出して、あらビックリ。たしかな手ごたえがありました。棚から牡丹餅とはまさにこのこと。

 

イベント狙い初心者のぼくでさえ、約3週間ほど一進一退しながらも、芳しい成果に恵まれたので、難しくないのでしょうね。この立ち回りで勝つって。

 

せっかくなので、イベント狙いのコツを知らない人のために実戦で積み上げたノウハウをシェアします。

 

イベント狙いのキモは「パチプロの有無」にアリ!データ採取は必須の続きを読む »»

パチンコはもう無理か?稼げない時期の対処法とは・・

読了までの目安時間:約 8分

 

 

いやー、まいった!

2017年の1月から3月までは、すこぶる順調だったのですが、ここ4月くらいには「万策尽きた」と思えるほど、ジタバタしたのに頼みの綱が見つかりません。

 

奥の手として、というか、絶対に使いたくなかった「期待値を下げて立ちまわる」という情けない手段に打って出ることにしました。

 

個人的には、4月はせいぜい+30万いくかどうか(日当15000円/週5日稼働計算で)。

 

ま、しかたないっすね。この記事ではなぜぼくがここまで追い込まれてしまったのか、2017年のおおよその稼働記録と、稼ぎにくい時期の立ちまわり方法をお伝えします。

 

パチンコはもう無理か?稼げない時期の対処法とは・・の続きを読む »»

貯玉カードから9000発が消滅!まさかの珍トラブル!

読了までの目安時間:約 5分

 

 

貯玉カード。それは換金ギャップのある店ほど重宝する代物です。

 

貯玉をコツコツと積み上げるほど、現金投資からは遠のいていき、立ち回りはカード1枚でスマートなものになります。

 

現在ではプロ、アマ問わずパチンコ打ちには馴染み深いものになりました。

 

しかし、トラブルのタネだったりします。たとえば、持ち玉が消滅してしまったりだとか・・

 

貯玉カードから9000発が消滅!まさかの珍トラブル!の続きを読む »»

1 2 3 29
ひちかのプロフィール

博多生まれの21歳。
職業はパチプロ
稼働のメインはスロット天井狙い&パチンコマックス機種

2012年から月単位でパチ&スロで負けたことがありません。

ただ、昔はヘタでした。

高校時代パチンコにハマリ、バイト代を100万円以上パチンコ屋にツッコんでいました。

転機が訪れたのはパチンコを覚えて約1年が過ぎた頃。

WEB上のパチプロさんたちの立ち回りをみて、それをマネしただけで、高校生活を送りながらも月30万円を安定的に稼ぐことに成功!

そんなひちかが生き残りの厳しい「等価、ボッタ地域」で生き抜くさまを公開!!

最近の投稿
にほんブログ村 パチンコブログ パチプロへ
にほんブログ村

Amazon.co.jpアソシエイト
↓相互リンク更新情報↓
生稼働情報