福岡のパチンコスロットで勝つ!

福岡のパチンコスロットで勝つ。

パチプロの立ちまわりはわずか4パターンだけ?【超初心者向け】

読了までの目安時間:約 9分

 

質問をもらいました。

 

みそじ より

 

ひちかさんこんにちは。パチンコとスロットどっちも好きです。データの見方もわからないですけど。台はその日の気分で座ってます。

全然勝てなくて困ってます。パソコンで「勝つ方法」と検索するといかにも怪しい情報が出てくるし、用語ばかりでよくわかりません。

まっとうな勝ち方を教えていただけませんか?

 

なるほど、パチンコとスロットの勝ち方を手探りしているのですね。

 

質問文を読む限り、超初心者さんだと思います。わかりました。

 

この記事では超初心者向けに「こんな勝ち方があるんだよ」と、かんたんに紹介します。

 

※すでに勝ち続けている人やパチプロには役に立たないはずです

 

スポンサードリンク


 

パチプロの立ちまわりはわずか4パターンしかない?

 

ぼくが知っているのは、パチンコとスロットで2パターンずつ、合わせて4つの勝ち方に分けられます。

 

①スロット―設定狙い

②スロット―天井狙い

③パチンコ―ボーダー以上狙い

④パチンコ―潜伏確変狙い

 

ここからは①~④を少し掘り下げつつも、わかりやすく説明いたします。

 

①スロット―設定狙い

 

スロットには設定が存在します。

 

目では見えませんが、スロット1台1台には勝ちやすい設定(高設定)と負けやすい設定(低設定)が割りふられているのです。

 

高設定はいっぱい出やすいので、朝から夜まで打って+3万円+5万円というのもザラにあります。

勝ったときの金額には差があるので、必ずいくら勝てるみたいな明確な金額は言えません。

 

ただ、覚えておいてほしいのは高設定=勝ちやすいということ。

 

勝つためのポイントは、いかに高設定をたくさん打って低設定を打たないか、にかかっています。

 

ちなみに、設定の見分け方は打っているときの挙動でわかります。

 

「機種名 設定判別」「機種名 設定狙い」

 

で、調べるといいでしょう。

 

たとえば、みそじさんがバジリスク絆を打っていて、高設定なのか知りかったら「バジリスク絆 設定狙い」で調べるのです。

 

半日ほど打っていれば、おおよその設定はわかると思います。

 

②スロットー天井狙い

 

「天井」というのは、これ以上回したら強制的に当たるという限界値のこと。

 

たとえば、エヴァ魂(省略)だとビッグ後1000Gでメダルが減らないモード(RT)に突入します。

 

これ以上現金を投資せずにボーナスが当たるまでメダルが増えるのです。

 

これが天井状態。同じように他の機種でも天井に近いゲーム数の台を打つと、勝ちやすいです。

 

詳しく知りたいんだったら、以下の検索キーワードで調べてみてください。

 

「機種名 天井狙い」

 

中には、天井狙いできない機種もあるので要注意です。ジャグラーシリーズとか。

 

勝つためのポイントは、期待値の高い台(より天井ゲーム数に近い台)をたくさん打てるかどうか、にかかっています。

 

設定狙いが宝探しだとすると、天井狙いは暗記ゲーム、です。

 

一般的には、天井狙いのほうがかんたんだと言われています。設定狙いは上級者向けです。

 

ちなみに、天井狙いに似た方法にゾーン狙いがあります。ただ、ここで触れるつもりはないのです。

 

非等価時代の現在に適していないからね。うまみもたいしてないし、覚えなくてもいいでしょう。

 

③パチンコ―ボーダー以上狙い

 

「ボーダーライン」というのは、パチンコで勝てるか負けるか基準になる数字のこと。

 

たとえば、ボーダーラインが「17」だったら、1000円あたり18回転回れば勝ちやすいのです。

 

長い時間ボーダーライン以上の台を打ち続けていれば、必ず+収支になります。

 

「パチンコはたくさん回るほど勝ちやすい」と言われるのは、ボーダーラインを知ると実感できますよ。

 

なので、18回よりも19回、20回・・とより多くまわる台を見つけましょう。

 

ただし、テキトーに座るのはNG。なかなかボーダーライン以上の台は打てません。

 

「釘読み」を覚えるとボーダーライン以上の台を見極めることができます。まるでエスパーのように。

 

以下の単語で検索してみてください。

 

「パチンコ 釘 回転数」「パチンコ 釘 基本」

 

勝つためのポイントは、ボーダーライン以上の台をいかに多く、長く打てるか、にかかっています。

 

④パチンコ―潜伏確変狙い

 

パチンコには通常と確変の2種類の状態があって、ダラダラと当たらないのが通常。もうすぐ当たると予告されているのが確変。

 

通常と確変の区別はかんたんにつきやすいもの。

 

たとえば、海物語シリーズだったら液晶の色が「青(通常)」「赤(確変)」と見分けやすいですね。

 

他の機種も同じように、確変と通常の区別はどんな初心者でもできるよう、わかりやすいのです。

 

しかし、潜伏確変の場合は、パッと見通常なのに実は「確変」なのです。

 

こういう台は、打っている人も気づかないでやめやすく、次に座った人がアッサリ当たりを引きます。

 

まあ、次に座った人が一般人の場合もありますが、潜伏確変で勝っている人がしめしめとヤラシイ笑みを浮かべて座っているパターンもあります。

 

で、これがポイントなのですが、潜伏確変はわかる人にはわかるのです。

 

見た目でわからなくてもゲーム数だったり。たとえば、CRミリオンゴッドライジングは大当たり後200Gまでは確変なのです。

 

なので、それ以下のゲーム数の台をひろうと、おいしい思いができる可能性が高いのです。

 

いわば、スロットの天井狙いのパチンコ版とでもいえるでしょう。

 

潜伏確変は存在していない機種も多いので、事前に調べておく必要があります。

 

「機種名 潜伏確変」「機種名 朝一 潜伏確変」

 

勝つためのポイントは、いかに早めに潜伏確変情報を知るか、です。

 

打てる台がホールに導入されてから約2週間がもっとも旬ですね。

 

時間が経つほどライバルも増えますし、一般のパチンカーですら情報を知っているのでひろいにくくなります。

 

時期によっては、1台も潜伏確変狙いができないので、流行りすたりに差があります。

 

まとめ

 

・パチンコスロットの勝ち方は大きくわけて4つ

(①スロット―設定狙い②スロット―天井狙い③パチンコ―ボーダー以上狙い④パチンコ―潜伏確変狙い)

 

・難易度は①>③>④>②

(スロットの設定狙いがもっとも難しく、スロットの天井狙いがもっともかんたん)

 

 



↓全国にうまいパチプロはたくさんいるよ!
にほんブログ村 パチンコブログ パチプロへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

ひちかのプロフィール

博多生まれの21歳。
職業はパチプロ
稼働のメインはスロット天井狙い&パチンコマックス機種

2012年から月単位でパチ&スロで負けたことがありません。

ただ、昔はヘタでした。

高校時代パチンコにハマリ、バイト代を100万円以上パチンコ屋にツッコんでいました。

転機が訪れたのはパチンコを覚えて約1年が過ぎた頃。

WEB上のパチプロさんたちの立ち回りをみて、それをマネしただけで、高校生活を送りながらも月30万円を安定的に稼ぐことに成功!

そんなひちかが生き残りの厳しい「等価、ボッタ地域」で生き抜くさまを公開!!

最近の投稿
にほんブログ村 パチンコブログ パチプロへ
にほんブログ村

Amazon.co.jpアソシエイト
↓相互リンク更新情報↓
生稼働情報