福岡のパチンコスロットで勝つ!

福岡のパチンコスロットで勝つ。

福岡の等価店は?もうすぐ打てなくなるかも・・

読了までの目安時間:約 6分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
「福岡の等価店を知っていますか?」

 

そんな質問が1人だけではなく、3、4名の読者の方にもらいました。

 

やはり、等価店が恋しいのでしょうか。

 

ドル箱を積んで換金すると、思わぬ手取りの少なさにガッカリしているパチンコユーザーは多いのかもしれません。

 

そこで、この記事では現状生き残っている等価店をご紹介いたします。

 

スポンサードリンク


 

ビーナスグループは等価のまま!

 

福岡の地域でも、地上波の放送で盛り上がっているのがビーナスグループ。

 

現在、2月中旬時点では、交換率の変更はありません。

 

ただぼくが「等価交換ですよね?」と店員さんに聞いた際には「今のところは・・」という、微妙な返答でした。

 

もうすぐ低換金率になってしまう予感がビンビンにしています。

 

とはいえ、もし等価交換でなくなるのなら、事前に予告するとのこと。

 

(ぼくが直接店員さんから、そういうニュアンスの回答をいただきました。具体的には1週間から2週間前には事前告知をするみたい)

 

他県ではいきなり交換率が変わる事例を聞いているのですが、ぼくの周りではそういう人でなしパチンコ店は今のところ確認していません。

 

小規模店舗はほとんど低交換率に!

 

2月1日、一斉に換金率が変わったあの日。

 

ぼくは店回りに両手で数えられるぐらいのホールに足を運びました。

 

その結果、パチンコスロット合わせて300台も置いていない小規模店舗は、すべて低交換率になっていました。

 

しかし、MJグループやビーナスグループといった(系列店が多い)大型店は等価交換のままでしたので、どちらかというと小規模店舗のほうが等価店は少ないイメージです。

 

※あくまでぼくの周辺の地域から、導き出した法則です

 

等価店は生き残れない?

 

すでに探すのが困難な等価店。

 

ですが、生き残っているホールが存在するのも事実。

 

「もしかすると、等価店廃止を完全にムシし続けるようなロックなホールがあるかもしれない」

 

そんな淡い期待を寄せていました。

 

とくに系列店をたくさん抱えるグループ店は、希望の光だったのです。

 

しかし、2月13日にはMJグループの某店舗がとうとう非等価に。

 

日を追うごとに徐々にですが、等価店が少なくなっているのは事実。

 

「福岡県は全国47都道府県の中でも指折りの等価地域だ!」

 

と、県外のパチプロたちに言われてきましたが、ここ2,3年に確立されたそのイメージは脆くも崩れ去ることになるでしょう。

 

もうすぐ等価店という文化もなくなり「あの頃は・・」と、懐かしむパチンカーが増えるのはそう遠い未来ではないと思います。

 

交換率はパチンコ27.5個!スロット5.5枚が主流!

 

この大きな時代の変革に乗じて、店によってバラバラの交換率に変わると危惧していました。

 

ただ、どうなんでしょう。

 

今のところは、ほとんどの低交換率のホールが上限のパチンコ27.5個、スロット5.5枚で営業していますね。

 

やっかいなのか、今後また交換率を調整するホールが出てくることでしょうか。

 

1度交換率を変更すると、近い日に交換率を変えて営業するホールってあるんですよ。経験上。

 

そういうホールは、貯玉カードを持っている人からすると、たまったもんじゃありませんからね。

 

もし、貯玉カードを何枚も持っている人がいるのなら、くれぐれも注意したほうがいいですね。

 

頻繁にホールの状況をチェックするか、貯玉を貯め過ぎないことをオススメします。

 

まとめ

 

・2月中旬の現在では、等価店自体は存在している

 

・等価店で打てる機会はあと何度あるかわからない

 

お願い

 

福岡県在住のパチンコスロット好きの方にお願いです。

 

等価店のホールを知っていらっしゃれば、ぜひコメント欄に書いて頂けると嬉しく思います。

 

 



↓全国にうまいパチプロはたくさんいるよ!
にほんブログ村 パチンコブログ パチプロへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

ひちかのプロフィール

博多生まれの21歳。
職業はパチプロ
稼働のメインはスロット天井狙い&パチンコマックス機種

2012年から月単位でパチ&スロで負けたことがありません。

ただ、昔はヘタでした。

高校時代パチンコにハマリ、バイト代を100万円以上パチンコ屋にツッコんでいました。

転機が訪れたのはパチンコを覚えて約1年が過ぎた頃。

WEB上のパチプロさんたちの立ち回りをみて、それをマネしただけで、高校生活を送りながらも月30万円を安定的に稼ぐことに成功!

そんなひちかが生き残りの厳しい「等価、ボッタ地域」で生き抜くさまを公開!!

最近の投稿
にほんブログ村 パチンコブログ パチプロへ
にほんブログ村

Amazon.co.jpアソシエイト
↓相互リンク更新情報↓
生稼働情報