福岡のパチンコスロットで勝つ!

福岡のパチンコスロットで勝つ。

パチンコはもう無理か?稼げない時期の対処法とは・・

読了までの目安時間:約 8分

 

 

いやー、まいった!

2017年の1月から3月までは、すこぶる順調だったのですが、ここ4月くらいには「万策尽きた」と思えるほど、ジタバタしたのに頼みの綱が見つかりません。

 

奥の手として、というか、絶対に使いたくなかった「期待値を下げて立ちまわる」という情けない手段に打って出ることにしました。

 

個人的には、4月はせいぜい+30万いくかどうか(日当15000円/週5日稼働計算で)。

 

ま、しかたないっすね。この記事ではなぜぼくがここまで追い込まれてしまったのか、2017年のおおよその稼働記録と、稼ぎにくい時期の立ちまわり方法をお伝えします。

 

スポンサードリンク


 

2017年行けんじゃないか!?

 

昨年末にはパチプロの未来について悲観していたものの、現実的に2017年が目前に立ち現れ、ホール状況に目をやると、まだまだ楽して稼げることに気づいてしまったのでした。

 

というのも、

 

2017年に勝ちやすいパチンコ台は?【新基準編】

 

こちらで紹介した通り、沖海4と、北斗無双と、慶次が上半期に目覚ましい活躍をしてくれたのでした。ぼくの住宅近辺では。

 

全国規模で推察したところ、ささいな待遇の違いはあれど、パチプロらしき人たちの稼働日記をちょくちょく覗いた限り、やっぱりぼくが予想した機種たちはしっかり活躍しているようでした。

 

(北斗無双がここまでしぶとく生き残るとは想像の範囲外でしたが)

 

そして、ぼくの1月から3月の収支はほぼ沖海4がもたらしてくれたわけで、日当18000円くらいだったかな?(日当20000円もよく拾いました)

 

固め打ちや止め打ちなしの平打ちでこれですよ、ジグマプロのごとく1店舗にすがりつき、万年釘でこれだけやれるものだったので、しめたもんだと浮かれつつも、長期的に続かないことを見越して一気に蓄えを増やすつもりで1月と2月はほぼ週7稼働していました。

 

ただ、やっぱりですね。釘は閉まってくるものですし、ブームというのは一過性のもので、パチンコ台の場合は世の流行品よりも息が短かったりして。

 

3月頃には失速。というより、ライバル過多。

 

そりゃそうです、軍団の視点で思考すると、使い勝手の良いスペックですもんね。

 

平打ちで15000円とかでもガンガン取ってくるもんだから、パラダイス終焉に大きく貢献してくれましたね。

 

ほんでいま。なう。

 

土日営業は、ちゅうぶらりんですね。夕方のおいしい時間帯を狙って天井狙いするためにホールへ足を向けるくらいで、まともに打てたもんじゃない(笑)

 

そういうときにプロが脳みそを振り絞って、多方面から選択肢を複数提示して、取捨選択して、実際に奔走するのです。どんなふうに?

 

きっと初心者や稼ぎの不安定な方には需要があると思います。ぼくの場合はこうでした。

 

 

打てる機種を幅広く!

 

「沖海だけ」と、機種を狭めるのは稼ぐうえでナンセンス。

 

現在のプロ御用達機種の情報をスマホで収集して、近隣のホールで良釘を探しにむかいます。

 

ぼくは、北斗を打ってみたりしました。増やしNGの店にひっかかったりしたので、からまわりし、うまくいったとは言えませんでした。

 

他の選択肢は実はあまり思慮しませんでした。だって、ラクして稼ぎたいし。連続閃光弾のようなまばゆい液晶による眼精疲労や、技術介入による右手の筋肉痛を避けたいと思ったので。

 

北斗ですらほとんどいやいやだったのですが、読書とパチンコを両立しなけれは稼働しなくてもいい、というポリシーの元、沖海4はパチンコ稼働するうえでメインに据えるしかありません。

 

沖海にこだわるのであれば、というわけで次の一手です。

 

足を向けるホールを増やす!

 

近場がだめなら遠くをとれ。普段、お世話になっている近隣ホールに希望をもてないのなら「足を伸ばす」作戦です。

 

個人的には、この選択肢はわりと「ナシ派」で、気軽に遠出したくない。

 

というのも、打てる台が見つかるかもしれないけれど、身に降りかかるであろうデメリットが強烈。

 

ホール開拓のデメリット

・遠くへ行くための「移動時間」が余分にかかる

・釘の配置クセや換金率が不明瞭など「情報不足」である

・貯玉していないので現金投資は不可避なので「非等価交換による稼働初期の不利」が発生する

 

おおきくいえば、この3つがネックなのですが、ホール開拓はね、よっぽど妥協して泣く泣くするものです。

 

気軽にできる人は、資金面に余裕があるのでしょう。

 

ぼくは、窮地に立たされた自覚があったので(機種にこだわり駄々をこねたけど)、シビアに店回りをしました。もちろん稼働もかねて。

 

結果的には、まあまあイケるって感じです。イベント狙いなんてこれまでやったことなかったのですが、けっこうイケるもんですね。

 

軍団とかち合ってにらみ合い、牽制されたりするのは、癪にさわりますが、もう慣れました。

 

あてをはずしたりもしていますし、リカバリーですらうまくいかないときもありましたが、四苦八苦している4月は金額こそ期待できないものの、しのげそうです。

 

それでもダメなときは?

 

①自分の守備範囲ではない機種の情報を仕入れて、手探りで猪突猛進。

 

②アウェーなパチンコ店に乗り込もう。

 

・・それでもダメなときは、そもそもパチンコという枠にとらわれずに、スロットに手を出してみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

天井狙いがいいけど、設定狙いとかも稼ぐ手段としてはあるわけで。

 

ま、それでもだめな場合は、やすむ、という逃げの一手もあり。また打てる時期になったら戻っておいでよ、なんて頼もしくないアドバイスはいけませんか?(笑)

 



↓全国にうまいパチプロはたくさんいるよ!
にほんブログ村 パチンコブログ パチプロへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

ひちかのプロフィール

博多生まれの21歳。
職業はパチプロ
稼働のメインはスロット天井狙い&パチンコマックス機種

2012年から月単位でパチ&スロで負けたことがありません。

ただ、昔はヘタでした。

高校時代パチンコにハマリ、バイト代を100万円以上パチンコ屋にツッコんでいました。

転機が訪れたのはパチンコを覚えて約1年が過ぎた頃。

WEB上のパチプロさんたちの立ち回りをみて、それをマネしただけで、高校生活を送りながらも月30万円を安定的に稼ぐことに成功!

そんなひちかが生き残りの厳しい「等価、ボッタ地域」で生き抜くさまを公開!!

最近の投稿
にほんブログ村 パチンコブログ パチプロへ
にほんブログ村

Amazon.co.jpアソシエイト
↓相互リンク更新情報↓
生稼働情報